-クリスマスローズ

2009年7月アーカイブ


クリスマスローズ エレガンスパープル メリクロンポット入苗 1株

 

クリスマスローズは株元が太いので安定感があり、葉や株など全体的にバランスのとれた花です。大きな葉が特徴となっていますが、病害虫がないというのも育てるうえで安心できる点です。クリスマスローズは店頭でも販売されていますので、鉢植えを購入して自宅の庭で楽しんでみてはいかがでしょうか。

クリスマスローズは10月~3月頃にかけて、店頭で苗が販売されます。花が咲くのは翌年からとなりますが、蕾のついた苗を購入すれば翌年まで待たなくても綺麗に咲く花を見ることが出来ます。花が咲いた状態のクリスマスローズも販売されますので、好きな色を選ぶことも出来ます。

クリスマスローズの苗を購入したら植え付けをします。10月~12月、または3月頃に植え付けをするのが好ましいと言われています。夏は風通しの良い日陰を選び、冬は寒風が当らない場所を選びましょう。クリスマスローズを鉢植えで楽しむ場合、根詰まりしやすいので注意しましょう。

一年に1回は植え替えをしてあげましょう。根が崩れてしまうのを防ぐためにも、植え替えの度に少しずつ大きな鉢に変えてあげましょう。庭に植える場合は水はけのいい場所を選び、直射日光が当らないようにして風通しの良い場所に植えましょう。30cmほどの深さまで土を耕し腐葉土などを入れて土壌を良くしておきましょう。


クリスマスローズ〔ヘラボレス〕当店育成品八重咲き開花株 18cm陶器鉢

 

クリスマスローズは寒さに強く、咲く花が少ない冬に咲いてくれるので多くの人が庭などに植え、美しい花を鑑賞しています。クリスマスローズは寒さには強いですが、真夏の乾燥には弱いので気をつけましょう。種を蒔いたり株分けをすることで比較的簡単に増やしていけるので、少しずつ増やしていけるという楽しみもあります。

クリスマスローズは白が一般的に好まれているようですが、赤紫色などもあります。比較的落ち着いた感じの色が多く、洋風の庭でも和室でも合わせることが出来ます。クリスマスローズは日本の寒さにも耐えてくれますので、安心して育てることが出来ますが、高温多湿には弱いので気をつけましょう。

クリスマスローズは花が咲き終わった後、そのままにしておくと株が弱くなってしまいます。タネを取る場合は別ですが、タネを取らないのであれば、花茎ごと切り取っておくほうが長持ちします。クリスマスローズは寒さには強いと言われていますが、霜には弱いので霜よけを作ってあげたほうがいいでしょう。

クリスマスローズを鉢植えで楽しむ場合には、南向きの軒下に置くと霜が当りません。夏は北向きにして風通しを良くしてあげて、出来るだけ涼しい環境で育ててあげるようにしましょう。直射日光が当らず比較的明るい場所に植えてあげるといいでしょう。クリスマスローズは病気も害虫もない花ですので、育てる場所にだけ気をつけてあげましょう。

 

 モテる男の特徴  ルームフレグランス  ワードプレスのインストール方法  円形脱毛

大特価!50%オフ!クリスマスローズ 原種間交配5年生大株 (アトロルーベンス・プルプラセンス・...

 

クリスマスローズはキンボウケ科の宿根草です。店頭で多く販売されているのはヘレボルスの交配種がほとんどです。寒さに強くクリスマスの頃に白いバラのような花を咲かせることから、クリスマスローズという名前がついたとも言われています。落ち着いた色合いが多く、地味な印象を与えるため、日本ではあまり人気のない花でした。

最近では交配種も加わり色のバリエーションも増え、クリスマスローズの人気は一気に上がりました。ガーデニングブームも手伝い、今やクリスマスローズは冬の庭の主役と言われるほど、大きな人気となりました。寒さに負けずに賢明に花を咲かせる姿も大きな魅力となっているようです。

店頭では10月頃から苗などが販売されます。グレーや緑などのシンプルな色合いも多いので、和室にも良く合い和風の庭にもぴったりです。洋風にも合わせやすいので、近代的な家作りを楽しんでいる人にも安心です。和風・洋風どちらにも合うというのもクリスマスローズが人気となった理由となっているようです。

綺麗な花を咲かせるクリスマスローズですが、控えめな姿が美しいという人もいます。鉢植えにしたり、花瓶に生けたり、切り花にしたりと色々な方法で楽しめるのも魅力です。1月~3月という景色の淋しくなる時期に綺麗な花を咲かせるので、冬の大きな楽しみとしてクリスマスローズを育てるという人も増えてきています。

 

 マイルドピーリング  ミニ株で株式投資  メールアドレスを簡単に1万個集める方法

クリスマスローズブラック【黒花】八重咲き【ダブル】15cmスリットポット 4種

 

クリスマスローズは地味な色が多く、うつむいたように下向きに咲くので、日本ではあまり好まれていませんでした。しかし品種改良が進みカラーも豊富になり、和風でも洋風でも合う可憐な花になり、日本でもたくさんの人が庭先にクリスマスローズを植え、寒い季節に美しさを楽しんでいます。

クリスマスローズは寒さや日陰に強いですが、夏の暑さには弱いので直射日光が直接クリスマスローズに当らないよう注意しましょう。土壌は水はけが良く中性からアルカリ性を好みます。小輪や大輪の物もありますし、花色も豊富ですのでぜひ自宅でクリスマスローズを育ててみてください。

植付けをしたり、植え替えを行うのは9月~11月がいいでしょう。クリスマスローズを株分けする場合は、2月~4月が好ましいと言われています。肥料は植付けのときに元肥がしっかりしていれば4月頃まで二ヶ月に一度でかまいません。苗から育てる場合は、2~3年ほどで開花します。

クリスマスローズは乾燥に弱いので、乾いたらお水をたっぷりあげるようにしましょう。風通しの良い場所で育てて比較的明るい場所に植えてあげます。腐葉土などを調節しながらあげるといいでしょう。クリスマスローズは育て方も増やし方も簡単といわれていますので、注意点だけ守り大切に育ててあげましょう。直射日光は絶対に避けてください。

 

 ヒアルロン酸  フィットネスクラブで健康になろう  フットサルシューズの選び方
カテゴリー
更新履歴
クリスマスローズとは(2009年7月30日)
クリスマスローズを楽しむ(2009年7月30日)
人気のクリスマスローズ(2009年7月30日)
クリスマスローズの楽しみ方(2009年7月30日)
カテゴリー
更新履歴
クリスマスローズとは(2009年7月30日)
クリスマスローズを楽しむ(2009年7月30日)
人気のクリスマスローズ(2009年7月30日)
クリスマスローズの楽しみ方(2009年7月30日)